福祉協会部会代表者会議

四国地区の標記会議に出席しています。平成30年度の報酬改定のことや、そのほかあれやこれやと話し合っております。就労系で言いますと、就労継続支援A型事業を新規で指定申請するときにかなり厳しい条件があります。これまでのA型事業経営法人の中に、障害者(利用者)を雇用して受けられる「特定求職者雇用開発助成金」を利用者の給与に充てることなどが多くあったことや、雇用しているのに1日2時間程度しか労働させずあとはほったらかしにしていることなどを良しとせず、改善するための措置です。事業計画で、収支の健全さ(生産活動収入から利用者の給与を支払えること)が明確にわかるようにしなければ受理しないなどがそれにあたります。しかし各県の障害福祉課の担当者がこんな経営計画を正しく判断できるのだろうか、などと思ってしまいました。あとは、市町村の独自的なルールが顕著で、厚生労働省として是正していきたいという話があったとか。。。
しかし、これこれからのカリヨンにも影響していきますね。。。

[PR]
by glassart-lemon | 2017-04-20 06:14 | その他 | Comments(0)