価値の決定権は…

やはり頭を使うのが苦手なようです。
先週末に今年度初めての保護者会を開催致しました。改めて今年度の事業計画についてお話させていただきました。
「利用者さんに一つでもできることを増やせるよう支援していく」というのが大きな方向性です。それに向かう姿、がんばりが利用者さん自分自身にとっても自己肯定感を感じてもらい、職員もそのことで貢献感を感じてもらう。社会に対する貢献度はみな自分自身で決めていい、という考えはなかなか浸透しないかもしれません。評価社会だと思うし、カリヨン自体がまさにそうだと思うからです。しかし皆の将来のために変えれることは変えていきたいと思う。自分自身の力はないけど。思い切り脱線してしまいました。

[PR]
by glassart-lemon | 2017-04-23 20:41 | 松前勝洋 | Comments(0)