冠?が要らないようになるまで目立たせた冠をつける

e0115066_09253813.jpg
我がこと丸ごと、という施策について。いろんな福祉分野の専門性の共通技能を共有させることで人材不足という問題を解消しようということと、フォーマルインフォーマルという区分でいうとインフォーマルな部分の資源を発掘してフォーマル的に生かしていこうという、これも人材不足の解消につなげようということか。「人が生きる」ということに関わる人が決まってるのもおかしいのではないか、ということからみんなで考えようという方向になったのか。浅い考えをしてるし、問題のすり替えがあるし。
でもそこに、累犯障害者というなんとも思い言葉の投げかけをしている村木さんはさすがと思う。これこそ、まだまだ必要な冠。累犯健常者という冠がないからね。

[PR]
by glassart-lemon | 2017-07-14 09:26 | 松前勝洋 | Comments(0)