「ほっ」と。キャンペーン

れもんワークス

glassart.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

力及ばないのになぜここにある

なかなかことを成し遂げるってのは難しいですね。次から次へと壁がくるね。まあ、壁と思わんかったらいいんだけど。
そんなこんなで明日は介護福祉士会の中四国大会。発表を仰せつかったけど、まだまとめられとらん。ほんちゃん発表日曜日だからまだ時間あるか。ありのままでいいということでいきましょー!
[PR]
by glassart-lemon | 2016-09-30 20:01 | Comments(0)

グループホームの支援って

なんだろね。。。
たまに思うけど、支援者が一番入居者を子ども扱いしとるんちゃうんか!って思うときがある。ぼくの考えが浅はかなんかもしれんけど。ちょっと夜出て行っとったら「おらんおらん」と心配して慌てふためく。ここは普通の暮らしを支えるんちゃうんか?社会人で、若い子やったらフツーに夜でもでていくやろ?明日の仕事に差し支えるったって、それで失敗した経験くらいみんなあるんちゃうん?かんまんやないか。支援という言葉でおかしなとこまで関わる。ほんでサービス提供者としての責任を思うみたいやけど、失敗の経験を見守ることのほうがしんどいし、立派な支援ちゃうか?よっぽど一般人のほうが彼らを色メガネなく関わってくれよることがあると思うわ。福祉サービスなんか、やっぱりなくなっちまえ。
と危ない、独り言にならない独り言でした。
[PR]
by glassart-lemon | 2016-09-29 23:49 | その他 | Comments(0)

これいい

e0115066_06113936.jpg

左手と右手を合わせると音が出る。
2つの異なるものを融合させると新しいものを生み出すことができる。
そんな感じ。

[PR]
by glassart-lemon | 2016-09-28 22:08 | Comments(0)

ことばはときに効力をなくす

説明がいらないものがある。そのものがもつ力が目の前の人に訴えるメッセージ。そんでそれは感じ取る側の領域なんすよね。もちろんいいもよくないもせいかいもかんちがいもない。そんなしずかな場に身を置く感じがここちいい。
[PR]
by glassart-lemon | 2016-09-27 22:17 | れもんワークス | Comments(0)

アウト…

昨日別の業界の方とお話しさせてもらう機会があったんだけど、人手不足を嘆いてました。ぼくらも午前中の管理会議で人手不足を嘆いてました。
そうか。人を探そうと躍起になっとったけど、ある本読みながら気づいたかも。
限られた人でやっていくには業務の振り分けを考えてもいいのか。僕らしかできないことと、僕らでなくてもできることを分けて、お願いしてけばいいのか。
[PR]
by glassart-lemon | 2016-09-27 04:30 | Comments(0)

明日はふれあい就職面接会

毎年この時期に開催される、障がいのある方のための就職面接会。障がいのある方を雇い入れたい企業あってのこの企画と思うけどね。れもんワークスからも何人か受けに行くし、今も関わりのある元利用者(他にマシな言い方ないんかっ)も受けにいきます。僕は付き添いにいきます。そして、午前中にはイシイフーズの社長さんのお話もあるとのことで、ぜひ聞かせてもらいにいきます。実習でたくさんの利用者さんがお世話になってるしね。
それこそ、この面接会でこれまで何人もの方が新たな生活を始めるきっかけとなりました。それはそれはいい機会なのです。いつも同じことしか書けないけど、利用者さんが何かに挑戦する姿、就職に向かって安定と決別する覚悟を決める瞬間に立ち会わせてもらえるこの仕事、役得です。いや福祉だけでなくて、こういう機会に立ち会えることってありがたいですね。
もう8年も続けた今の仕事を、将来のことを考え見切りをつけて次にチャレンジする。受かっても受からなくても、そのこと自体が本人にとって有益になりますように。そして本人がそう感じて、何かを得られますように。僕ももっともっと頑張らないと、自分自身で認めれるくらいにね。

[PR]
by glassart-lemon | 2016-09-26 19:00 | 松前勝洋 | Comments(0)

資料づくりにあけくれる

ってほど内容は無い(よう…)。
でもれもんフェスティバルの意義とか祖谷そばを就労のアイテムとして選んだ理由、みまもりレモン(移動スーパー)のこととかちょっと後付けのような解釈も含めて整理する時間がもてたような気がした。法人全体にまでは及ばんかったけど。
でもこれらの成果を方程式で考える、という必要があって、職員の努力やがんばりが上に挙げた実績(左辺)の「=」の反対側(右辺)にある、ということです。となると、年々増大していく実績を保つには増大する職員の努力とがんばりが必要だということか。ぼくの髪も昔は「すいてすいて」しよったように、実績もすくことが必要ね。不要なものを見つけること。たくさん見つけよう。そんなにないか。。。
[PR]
by glassart-lemon | 2016-09-25 21:41 | 松前勝洋 | Comments(0)

けろけろっ

色あせないガラスのかえるさんたちに会えることができました。この歯科の副院長先生が気に入ってくれてもうかなり前にお買い上げいただいたのでした。久しぶりに息子を連れていったら待合室で出迎えてくれました(^^)なんともうれしいことですわ。
だんだんとガラス作家として力をつけていく利用者さんたちは作風も少しずつ変わっていくこともあります。
そんな中で、確かに「初期のころやなー」と苦笑い(失礼やけど)するのもある。ほなけどこうしていまだに色褪せんモンもあるってことに内心ごっついうれしくなるのです。
e0115066_18154956.jpg

e0115066_18155043.jpg

e0115066_18155108.jpg


ありがとう。


[PR]
by glassart-lemon | 2016-09-24 18:07 | glassartれもん | Comments(0)

マインドフルネス

こないだ職員研修をしてもらいました。「マインドフルネスとストレス対処」という内容です。講師は社会医療法人近森会で作業療法士をされている織田靖史氏。10時から16時という長丁場で体験を多く(研修の写真見ても何のこっちゃわからんかもです)取り入れてお話してもらいました。
たまたまNHKで「真田丸」観終わってそのままテレビつけてたらマインドフルネスっていう単語が流れて興味深く観てしもうたのです。で、早速検索したら何やら怪しい感じのサイトしか出てこん。ん?NHKでは海外ではグーグルが取り入れてるって言よったやんけ!と思いながらひつこく探しよったら、織田さんがヒットしたので、コンタクトを取らせてもらったっちゅうわけでした。
日頃ストレスを抱えてる職員が多く、少しでも楽になれたらいいなと思ってのことで、マインドフルネスって「瞑想」から宗教色を取り除いたものらしいです。
こっからは僕の理解なので、違っとるかもしれんし、違っててどうにも許せんかったらコメントからでも教えていただけるとありがたいです。
ただただ、呼吸への意識を通して自分の内側にある「今」という瞬間に焦点を当てる、というもの。人間は「今」起きた出来事に対して「未来」を予測し危険回避を行う。その過程に自分で「不安」を生み、抱えてしまう。また「今」の出来事から「過去」を思い出し、新たな感情を生み出し、抱えてしまう。こんな心の動きを「今」に意識を向け続けることで、二次的な産物を一旦脇に置いておくことで平穏な感情、自分の状態を保とう、という取り組みです。たぶん。。。
織田さんは「二本の矢」ということでわかりやすく説明してくれました。自分の胸に一本の矢が刺さる。それは物理的に痛みを伴う。その射られた「出来事」から人間は二次的に「誰が放ったのか」「なぜ自分に当たったのか」など考えることでの、自分自身が考えることでの別の苦しみ、痛みを生み出す、自分自身で生み出してしまう、というのです。これが二本目の矢の痛み。しかしその二本目の矢の痛みは自分自身の心をコントロールすることによって防げるんだ、ということ、これが大事なことなのだというのです。「今」という事実、出来事、自分自身に意識を向ける。今という瞬間はすぐに過ぎ去るのだけれども、究極に「今」を見続けることで、何かを越えるヒントがマインドフルネスにはあるんだと思います。実際、織田さんのセッションで行動が改善された方がいらっしゃるそうです。詳しくは書きませんが。。。
24時間という限られた一日、有限の世界を生きている自分たちですけれども、その中で、ほんの少し立ち止まって「今」に意識を向ける習慣をつけてみませんか。
e0115066_19565568.jpeg
e0115066_19580108.jpg
e0115066_19582618.jpg
e0115066_19585825.jpg
e0115066_19592216.jpg

[PR]
by glassart-lemon | 2016-09-23 20:02 | 松前勝洋 | Comments(0)

サボッてんじゃないよー

e0115066_07165519.jpg

なぞなぞです。
乞うご期待!
[PR]
by glassart-lemon | 2016-09-22 21:36 | Comments(0)