「ほっ」と。キャンペーン

れもんワークス

glassart.exblog.jp
ブログトップ

西精工さん!

西精工さんから、ステキなプレゼントをいただきました!
ありがとうございます。ほんとにタイミングよい時にお話をいただき、ありがたいことでした。

http://www.nishi-seiko.co.jp/blog/20170202/

[PR]
# by glassart-lemon | 2017-02-07 05:30 | れもんワークス | Comments(0)

ほぼ日手帳2017spring

e0115066_13162949.jpg

数年間、カズンっていうおっきいほうを使ってたけど、去年の5月頃からiPhoneのスケジュール管理アプリが定着。なのでちっちゃいのでいけるかな、と。何より軽いしね。
[PR]
# by glassart-lemon | 2017-02-06 07:37 | 松前勝洋 | Comments(0)

ウィニング ザ レインボーっていうパンチ。

e0115066_21205343.jpg

e0115066_21205315.jpg

使い手によって完成されるアイテム。
その個体で完成形となるのではなく、どういう環境に置かれ、どういう使途であるか、でその価値が決められる。価値はれもんワークスが設定してるかにみせて、実は購入者、所有者が決めるもの。
[PR]
# by glassart-lemon | 2017-02-03 21:16 | Comments(0)

再告知!

e0115066_17315669.jpg
いよいよです。ぜひ!


[PR]
# by glassart-lemon | 2017-02-02 17:33 | Comments(0)

2月はにげる

節分で年が明けると聞いたことが何度もあります。ある方は「1月生まれなので、私は亥年ではなく戌年だ」と言うのでした。
さて、私自身が不覚にもインフルエンザにかかってしまい、私用も重なって8日間も出勤できない日々が続きました。
明日からきちんと働けるのでしょうか。
もちろん、できますとも。と言い聞かせる。
年度末が迫っています!!
[PR]
# by glassart-lemon | 2017-02-01 18:57 | 松前勝洋 | Comments(0)

1月が、終わる

カリヨンのホームページがだんだんと充実してきております。
ちょいちょいでいいのでチェックしてみてくださいね。
http://www.lemon.or.jp

[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-31 07:00 | れもんワークス | Comments(0)

セブンイレブンの土成店が無くなってました、「驚き桃の木山椒の木」でございます。

「この人と出会い、この人とともに過ごした時間は、間違いじゃなかった」と納得できるよう、不断の努力を傾ける。〜「いま、ここを真剣に生きる」とはそういう意味だ。(「好きになる勇気」岸見一郎;古賀史健)


[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-30 18:57 | 書籍 | Comments(0)

休みの間に。。。

「僕らが毎日やっている最強の読み方」 池上彰/佐藤優


新聞、雑誌から始まり、書籍、インターネットなどとの付き合い方のようなことが書いてあった。
改めて、気づかされることも多く、福祉の専門的知識だけを膨らせても(ってそんなに膨れてるわけでなく、むしろしぼみっぱなし)あかんと。
福祉はそもそも社会の一部、日本、世界の一部だから、これからどうなりそうだと考える力を身につけないと、と思ったのです。
ちょっとこの類の書籍を読み漁ってみようっと。

[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-29 20:10 | 書籍 | Comments(0)

福祉新聞にて

平成29年1月2日の福祉新聞にて

これからの社会福祉法人に対して(全国約2万法人)、既存の縦割り制度では十分に対応できないニーズを社会福祉法人が発見し、関係機関につなぐ。他法人と連携して課題を解決する道を模索する。そんな重層的なセーフティーネットづくりを主導してほしい、と塩崎恭久厚生労働大臣が発言されていた。
期待されているのね、と、とっても素直にありがたく思ったりもするが法人内で、誰ができるの?なんて思ったり。しかし、何かを見直すためには良い機会と捉えるのが、カリヨンの姿勢とも思う。

[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-28 18:55 | 保存版? | Comments(0)

マーケット感覚を身につけよう

「マーケット感覚を身につけよう」 ちきりん

あとがきに上勝町のことを書いてくれてた。山しかないという他の田舎と比べて、山とマーケット感覚がある、と。冒頭にはANAのライバルは何か?という問いに対して、「マーケット感覚」という考え方をわかりやすく書いてくれてた。論理的に考えると、国内便、国際便、また貨物としての位置付けなどから他の航空会社やよく良く考えても船便くらいしかライバルとして考えられないけれど、利用する客の立場に立って想像していくと、例えば、海外に本社を持つ企業で働くビジネスマンが会議に出るためにANAを使う、という想定で考えてみると、実はテレビ会議でも可能なわけで、そう考えるとインターネット回線を通して実現できるその仕組みに係る企業がライバルと考えられる、といった思考がマーケット感覚という。家族で北海道へカニを食べに行こうと、国内便を利用しようと思った客が、その目的がカニと気づき、テレビショッピングで北海道のカニ三昧が食べれるならそれもアリかとそちらを選ぶ。この場合はテレビショッピングがライバルとなる。そんな感じで物事を考えるのがマーケット感覚。要するに思考の柔軟さ、視点の広さを現しているということか。朝の出勤で遅刻が多い企業の管理者が、対策として「罰を与える」というのと「朝7時までに出勤したらヘルシー朝ごはんを無料提供」という対策の違い。

読んでしばらく経ってたので、忘れかけてたから改めてアウトプットしてみた。

[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-27 14:14 | 書籍 | Comments(0)