「ほっ」と。キャンペーン

れもんワークス

glassart.exblog.jp
ブログトップ

嫌われる勇気

「嫌われる勇気」岸見一郎

自らの主観によって、自分自身の「生」そのものが他者にとって、社会にとって有益である。
他者に貢献できている、と思えたときこそ自分の価値を実感できる、自分の価値は他の誰でもなく自分自身が決めるものだ。

哲人と青年とによって繰り広げられる対話形式の本文は読者がどちらにも身を置ける、場の臨場感があった。
[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-13 08:50 | 書籍 | Comments(0)

満月がきれいだから息子と一緒に少しだけ眺めていた

今日の昼からと明日の午前中、知的障害者福祉協会の四国地区施設長会議が徳島で開催されています。
朝、移転のことやら職員面談やらでばたばたしてると一本の連絡があり、勢いに任せて受容しきれない感じになったあげくにもしかするとこの会議に出席できなくなるかもしれないという事態がありました。
まあ、いつものごとく、その問題はなんとかことなきを得て(しかし猛烈に反省すべきことです)、救われたのです。そんでぎりぎりで到着、参加。
就労支援の事業所のいろんな意見を聞かせてもらうと、たくさんの方から、就労移行支援事業(障害のある方に一般企業へ就職してもらうためのサポートをする事業)をやってるけど、がんばって支援して就職してもらっても、次に入ってくる利用者さんの確保に困り、定員割れをしている、という意見を聞きました。また、厚労省からもう何年も前から工賃向上をそれこそ耳にタコができるほど聞かされてるんですが、どうがんばってもそろそろ頭打ちで、伸びしろがない(全国平均が15,000円/月くらいです。ものすごくアバウトな数字です)という。どこも同じような悩みを抱えてるんですね。
あー。なかなか新年の誓いの本が読み進められん。。。

[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-12 22:56 | Comments(0)

ガムテープの勝ち

e0115066_23202516.jpg

e0115066_23202820.jpg

e0115066_23202904.jpg

e0115066_23203072.jpg

法人内別事業所JS?のアーティスティックな作品!
ガムテープの所作に感嘆!!

よく聞くと実は「さくら」という名の犬が住む小屋?らしいがそんなことはつゆ知らず勝手に感動した。
[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-11 23:15 | Comments(0)

いぬにげるさる

やばいです。次年度に向けて、やらなきゃいけないことがいっぱい。いつもわかってるのになぜもっと周到な準備ができないのか。そして職員の皆さんとの大切な面談も進めていきたいのに。
あ。来月、ついに櫻茶屋さんでのワークス初の展示会がありますよー。いよいよですよー。うきうき!
[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-10 23:39 | Comments(0)

目からウロコが落ちるかどうか

「嫌われる勇気」を読み始めて、真ん中過ぎたあたりまで。新しい年にふさわしい、相当ハイペースな読みっぷり。しかしまだ内容がいまいち。対話形式で書かれてて、自分もどっちかってぇと、哲人より青年か、と思っちゃう。さてどうなることやら。て書いても内容わかんないようねぇ。
[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-09 22:24 | Comments(0)

成人式というイベント

明日は成人の日。今年もやってきた。れもん全体での式典は14日の土曜日です。今日もへんな気持ちになるニュースがありました。残念です。
[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-08 23:12 | Comments(0)

放課後等デイサービス

フェイスブックでありがたい情報に早い段階で出会う。今回もそう。
放課後等デイ、前も触れた、悪しき事業所排除のための見直し案がそう。
デイの総費用額(1 ,446億円)は、障害児支援全体の64.9%を占めるという。びっくりだけどまあそうか、とも納得する。経験者を置けばいいってもんではないけど。
障害児支援等の経験者の配置
① 管理責任者の資格要件を見直し、障害児・児童・障害者の支援の経験(3年以上)を必須化
② 配置すべき職員を「児童指導員」「保育士」「障害福祉サービス経験者」とし、そのうち、児童指導員又は保育士を半数以上に
とまあこんなことらしい。
少しでも未来ある子どもたちにとっていい方向になればいいですね、と思います。やってる私たちもエリをただします。


[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-07 22:34 | Comments(0)

ヒゲがどうか

という議論を久々にしてみた。ぼくの気持ちは自分であり、相手であり、あっちへ行ったりこっちへ来たりという状態。今の立場になってしばらくして…剃った。自発的ではなく。そして、個人の主張を第一に考えるのではなく、全体の象徴となる立場なので一旦剃ろうと後付けの理由で自分自身を納得させた。
だから中身が整った時にもう一度返り咲こうと思っている。そんな風にまとめられたのは相手がいて議論ができたおかげ。これって、やっぱりコミュニケーションの大切さを物語ってるし、アウトプットの大切さを物語ってる。
[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-06 23:43 | Comments(0)

放課後等デイサービス

 厚生労働省が、障害のある子どもに対して放課後や休日に支援する「放課後等デイサービス」の運営を厳しくするという方針を固めたみたい。支援職員に障害児支援の経験を求めるということ。どこまでの経験かどうかはわからんけど条件がつく。4月から。これまでも不正な運営をする事業所や預かって放置するだけの悪しき事業所の記事などは目にしてきたけど。そもそも思いを持ってない人たちにこのサービスをやりようによっては「おいしい」と思わせる報酬単価を設定した当然の結果でしょう?それでもまずは参入事業者を増やして飽和状態を作ってから、悪しき事業所が淘汰されていくというシナリオを想定してたのでしょうか。福祉の世界に市場原理を持ち込もうとして、しかしこういう方針という見える手を使わざるを得ない。理念と経営のシーソーの上でバランス良く立ち続けないと利用者さんを路頭に迷わすことになる。この意識をしっかり持とう。
[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-05 07:04 | Comments(0)

新しいことに挑戦

早速。いつまで続くかは?だけど。

「遅読家のための読書術」印南敦史

電子書籍でさっき買って今読み終えた。
術中にはまったかどうかは知らないけど。

本の醍醐味って、「その1行」に出会うことにあるのではないでしょうか?

って。まさに視点を変えてくれる一言だった。これまで一言一句もらしたらあかんと思いながら何度も行を戻っては読み、また戻っては…、みたいなことをしてきた。
音楽を聴くように本を読む。読書を呼吸として捉える場合、読む(吸う)だけでなく、書く(吐く)ことが大切だと聞くと妙に納得。その方が記憶に残るかも、と思えてしまった。
ということで、インプットとアウトプット。
[PR]
# by glassart-lemon | 2017-01-04 22:35 | 書籍 | Comments(0)